~以下、過去当院ブログより引用~

 

最近問題になっている子供の足問題。

 

娘をもつ親としては全く他人事ではなく、週2回勤務している整形外科にも偏平足だったり、回内足の小中学生が多く来院しております。

(偏平足・回内足は足底腱膜炎参照)

 

皆さんは土踏まずがきちんと完成するのはいくつくらいかご存知でしょうか。

 

 

足の土踏まずは3歳から形成され始め、大人と同じくらいになるのは6~8歳といわれております。

 

そう考えると今の小中学生に多い偏平足は3~8歳くらいまでの間に「歩く機会・外遊びが少なかった」ことが原因だといえます。

 

それでは幼児(1歳から小学校就学まで)が大体1日平均何歩くらい歩くかご存知でしょうか?

 

約3万歩といわれておりますので、大人と同じような生活を家でしていては当然不可能ということが言えます。

 

なのでやはり外に出て走り回るということがいかに理にかなっていたのかがよくわかります。

(当然生活環境等、一人や少人数で外で遊ばせられないということは承知しておりますが…)

  

ところで、偏平足は足指を使っていないことによる内側縦アーチの低下が原因の一つといわれております。

 

また足の裏には固有感覚受容器(メカノレセプター)と呼ばれるセンサーがあります。このセンサーは歩いている時の地面の傾きを瞬時に感知してくれ三半規管と連動しバランスをコントロールしています。

 

歩く機会が少ない子どもは受容器はこの受容器の機能低下するしております。老若男女問わず、足裏への刺激は重要だといえます。

 

というような内容を講義させていただき、今後こどもが成長する過程でどのような運動が必要なのか?またどのような靴が幼児には適しているのか?をお話していきたいと思います。もちろん、ご質問も積極的にしていただきたいと思っております。

 

今回はプレ開催になるため、非常に少人数でのお話になる可能性があります。

定員は5名(お子様同伴可)までで、3人以上のご希望があれば開催いたします。