スポーツ疾患(肉離れ等)

今回も肉離れについて。 筋の構築特性として、 1.人体の骨格筋の中でも羽状筋は5°-25°の羽状角を持つ筋肉。 2.羽状角は45°を越えると生理学的筋断面積が増えても筋力(筋の伝達効率)が低下する。  ということが前回わかりました。 今回は「筋線維長(筋全体のサイズに対する筋線維の長さ)」「生理学的断面積」についてみていきたいと思います。...
今日は自分自身の備忘録でブログを更新させていただきます。...
ようやくROTEXマニュアル作成いたしました。 初めてROTEXを知ったのは去年の秋。現在勤務している整形外科のゴルフ専門トレーナーの氏家さんからの紹介でした。 自分自身、小学校から大学まで野球をしていましたが、常々股関節周囲の安定性を高めることに苦労していました。...