治療の「4STEP」

STEP1.ヒアリング

 当鍼灸院で、最も大切にしていることは患者様の主訴は何か?ということです。患者様のお話しを丁寧に伺い、必ず最初にゴールの設定をいたします。最初にゴールを設定することで復帰までの期間が明確になり、結果最短でのスポーツ競技や日常への復帰につながると考えております。


STEP2.全身評価

 「木を見て森を見ず」というように、症状として出てきた痛みは結果です。いくら木の治療を行っても森に原因があった際にはなかなか改善しません。お身体にも同じことが言えます。間違った使い方、偏った使い方が原因で、局所に痛みが生じます。当鍼灸院では患者様の身体のバランス状態チェックを行い、日常的または競技的に使い方が悪く痛みの原因であればそれに対しての治療を行います。まずは自分で自分を知るとこが治療の第1歩です。


STEP3.治療

 STEP2で明らかになった、全身症状をもとに結果として生じている局所への治療に入ります。症状によってアプローチが異なり、当院では解剖学に基づき、刺した鍼が本当に該当部位にアプローチできているのか、刺鍼した鍼に電気による通電を行い(低周波鍼通電)確認を行います。

 症状や患者様の鍼刺激への適正を見て、マッサージやお灸を中心に治療させていただく場合もございます。

 

 もちろんマッサージやお灸を中心に希望される方はご希望中心に行いますのでお気軽に仰って下さい


STEP4.運動療法

 全身的なお身体の使い方を知っていただき、局所の痛みが軽減すれば、次は「再発しない身体つくり」です。その中で大事なのは、今まで当たり前になっていた、誤っていた体の使い方をニュートラルにし、ご自身に合う身体の使い方を習得していただくことです。ニュートラルになったと判断した方から運動療法を行ってまいります。(運動療法は症状によっておこなわないこともあります)


STEP5.自己管理

 最後にセルフチェック、セルフケアをご指導させていただき終了となります。これは柔軟性にとどまらず、食生活・嗜好品等に至るまでともに、協力し改善していく必要があります。