第2回 現場と鍼灸師つなぐコミュニティー

肉離れについてin都立大整形外科クリニック
肉離れについてin都立大整形外科クリニック
先日のセミナー開催のご報告をblogに載せるのをすっかり忘れておりました。

今更ではありますがご報告いたします。

当院主催で、2017年10月17日に第2回目の講習会を開催致しました。

「スポーツ現場で必要な病態把握〜肉離れ(延長戦)〜」

ということで、今回も外来後でお疲れの所、無理を言って整形外科医である清水先生にご講義いただきました。

前回の講義からさらに内容がバージョンUPし、「欧州フットボールクラブにおける肉離れの評価から治療、復帰に至るまで」
「実際先生が診られた症例の評価・診断」
「高気圧酸素療法・PRPを用いた治療」

についてをご講義頂きさらに肉離れに関する知見が広がりました。

自身の中では、欧州の最新流れとしては復帰の際の筋力評価として、アイソメトリックやアイソキネティックな筋力値よりも、エキセントリックな運動様式の筋力値を重要視するようになってきているということが新たな発見でした。

またディスカッションでは、鍼灸師として肉離れとどう相対するか?という議論で盛り上がりました。

医療法人AR-Exの職員の先生も数名ご参加頂き、前回ご参加頂いた鍼灸師先生と含め10数名の方で行うことが出来ました!

(後ろのモニターに映る「進撃の肉離れ」お気に入りです笑)

今回も清水先生をはじめ、ご参加頂いた皆様のご協力なしには成り立たないものでした。

ありがとうございました。

また今後もこのような機会を作って行ければと思います!

Higuchi